水商売にハマったことがきっかけの離婚

私は埼玉県内に住む31歳男性公務員です。結婚3年目の昨年、妻と離婚をしました。まだ1歳にも満たない子供がいましたが、私が引き取りました。今はバツイチ子持ちのシングルファザーです。

 

妻は結婚してから精神的な病気を煩うようになり、精神的な浮き沈みが激しく、私もサポートに大変でしたがそれでも愛情があったからできました。しかし、そんな妻はホストクラブにのめり込むようになっていきました。通っているホストクラブではお気に入りのホストを指名し、高いお酒などをどんどん注文し、大金を貢ぐようになっていきました。妻は主婦だったのでそのお金の出所は私の口座からでした。

 

私は家計のやりくりを妻に任せ、信用して妻に通帳を渡していました。しかしある日、急な接待が入りお金が必要になり銀行に行くと本来あるはずのお金が半分も有りませんでした。その瞬間「何か買ったな」と思い妻に聞いてみてももちろん何も言いませんでした。そんな時、妻がお風呂に入っている最中に「ホストクラブの○○くん」から電話がかかってきたことで確信しました。つまにそれを問いただすとヒステリックになりながら「好きなんだから仕方ないじゃん!」と訴え続けてきました。

 

それを話していく内に「子供が泣くからストレス発散でホスト通いをはじめた」「ホストに行くってる間、子供は家に放置した」などととんでもないことを言い始めました。「こんな妻に子供は任せられない」とすぐさま思いました。

 

そして私の方から妻に「このままの生活が続くのであれば一緒に居られない」と離婚を申し出ました。「もうしない。やり直そう」と言った言葉を信じたものの1週間後には私のお金を再度利用してホストへ行っていました。私が仕事から帰宅後、家で1人で泣いている子供がいたことで発覚しました。「これじゃネグレクトじゃないか」と思い、私は妻を怒り、半ば強制的に離婚を決定しました。

 

2人であれば私は耐えられたかも知れませんが、これでは子供が可愛そうだし、子供が死んでしまうかも知れないと思いました。私は弁護士に相談し、離婚に納得しない妻を納得させました。「これからは心を入れ替える」と何度も行ってきましたが、一切信用できませんでした。精神的な病を治すための医療費をいくらか渡しただけで、子供も引き取りました。妻に出て行くように指示をしましたがヒステリックになり「ここは私の家」と言い続けたために、必要最低限の物だけを持ち、私は子供と一緒に家を出ました。

 

働きながらシングルファザーとして子供の面倒を見ていくのは結構しんどいです。しかし、あの頃の妻を見ていた限りでは絶対に子供は私といて正解だし、私の方が子供へ愛情を持てると思っていたので仕事をうまく調整しながら1人で子育てをしています。